作者別: admin

親にバレにくい

学生ローンが選ばれる理由の中に親にバレにくいという物があります。学生さんの場合には、親元を離れてからまだそこまで時間が経っていない方が多く、どうしても親に心配をかけたくないという心情が働いてしまいます。もし、自分が何らかの理由でお金が足りなくなってローン会社から融資を受けた事に対して実家に連絡が行ったらと思うと怖くてローンを利用できない方も多いと思います。

借金するそんな方にもおすすめなのが学生ローンです。学生ローンは、親に言えない事情があるから利用しますので、親バレは何としても避けたい所だと思います。学生ローンを展開している業者は複数ありますが、お金を借りる手続きの段階では基本的にどこも親バレをしないような手続きになっています。学生ローンは賃貸法で第三者に債務情報を伝えてはならないという内容がありますので、たとえ肉親でも学生ローンを利用する人と債権者の間の契約に対しては親に内容を話す事はできないのです。

もちろん借りたお金を返さなかったり、返済が度々滞る場合には、親に連絡が行く可能性が無いとは言えませんが、しっかりと決められた金額を決められた日時までに返済していれば親バレはないので安心して学生ローンを利用してください。

限度額の違い

学生ローンが、一般的な大手企業が行っているカードローンと違うポイントは、借りる事のできる限度額にも表れています。大手銀行系のカードローンの場合には、限度額は一般的には500万円になっております。中には800万円という所もありますが、大抵は500万円が上限の所が多くなっております。この上限は、利用する方の年収の三分の一と決められておりますので、誰でも500万円を借りる事ができるというわけではなく、年収が1500万円ある方の限度額が500万円というわけで、年収が300万円の方は、100万円が上限額になっております。

これに対して学生ローンの上限は50万円の所が一般的です。この50万円を超えてしまうと貸金業法との兼ね合いで手続が面倒になってしまったり、学生にあまり大金を貸し出すのが衛生的によろしくないという配慮がされているからというのが大きな理由です。

この50万円はあくまで上限ですので、誰もが利用できるわけではなく、審査の結果20万円しか借りる事ができない場合もあります。学生ローンの会社は、利用者がしっかりと返済できる金額を調べた上で貸し出します。また、最初から大金を貸し出さずに何度か貸出を行って、ある程度信頼できる学生のみ50万円を貸し出すなどの方針の会社も多くなっております。

学生ローンの審査に無人機は無い

学生皆さんは学生ローンをご存知でしょうか。この学生ローンとは、大学生、短大生、専門学生など学生を対象にしたローンの事で、主に消費者金融からの融資になっております。一般的な大手銀行が行っている大学の入学金などの教育関係経費とは違い、普通の消費者金融の学生版といった物です。年齢は20歳以上の所が殆どなのですが、一部の学生ローンには、18歳以上なら利用できる所もあります。18歳以上ですと高校生も範囲に含まれてきますが、あくまでも大学生、短大生、専門学生など学生を対象にしていますので、高校生は利用する事はできません

一般的には学生は、定職についておりませんので、カードローンなどを使う事はできません。しかし、多くの大学生、短大生、専門学生などの学生でも、病気や事故、怪我、冠婚葬祭などでどうしても急にお金が必要になるケースが出てしまいます。そういった時に学生ローンは心強い味方になってくれるのです。

学生ローンの審査に無人機はありません。それは、学生ローンを取り扱っている企業が中小業者しか取り扱っていないからです。その為、審査に時間がかかるのはもちろんの事、インターネットだけで審査が終わることはごく稀です。また、中小企業の審査ですので、無人契約機や自動契約機などもありませんので、電話などで細かい内容を尋ねられます。このように学生ローンは、他のローンと違った点が沢山あります。そこでこちらのページでは、学生ローンが他のローンと違うポイントをご紹介させて頂きます。