限度額の違い

学生ローンが、一般的な大手企業が行っているカードローンと違うポイントは、借りる事のできる限度額にも表れています。大手銀行系のカードローンの場合には、限度額は一般的には500万円になっております。中には800万円という所もありますが、大抵は500万円が上限の所が多くなっております。この上限は、利用する方の年収の三分の一と決められておりますので、誰でも500万円を借りる事ができるというわけではなく、年収が1500万円ある方の限度額が500万円というわけで、年収が300万円の方は、100万円が上限額になっております。

これに対して学生ローンの上限は50万円の所が一般的です。この50万円を超えてしまうと貸金業法との兼ね合いで手続が面倒になってしまったり、学生にあまり大金を貸し出すのが衛生的によろしくないという配慮がされているからというのが大きな理由です。

この50万円はあくまで上限ですので、誰もが利用できるわけではなく、審査の結果20万円しか借りる事ができない場合もあります。学生ローンの会社は、利用者がしっかりと返済できる金額を調べた上で貸し出します。また、最初から大金を貸し出さずに何度か貸出を行って、ある程度信頼できる学生のみ50万円を貸し出すなどの方針の会社も多くなっております。

About admin